TOP >NWP紹介 > 株式会社丸眞製作所
会社紹介

企業紹介

私たちの生活の中には、鉄鋼材料を利用したものが数多くあります。それは鉄鋼材料が強さや硬さの点で他の金属材料よりもすぐれた点が多いうえに、成分や熱処理によってその性質を広範囲に変えることができ、多くの用途に適合させることができるからです。
そして熱処理の使命は、それぞれの製品の使用目的にあった性質を作り出すことにあり、最終的にその製品の価値を決める重要な役割を果たしております。
当社は創業以来、この使命を常に念頭に置き、絶えず熱処理の開発と品質の安定に力を入れ、固有の技術を活かした仕事の創造に取り組んでおります。
又、良い仕事は優秀な人材から生まれるということを基本に、社員相互の意識と行動を改善し、信頼と協力を強め、全員の能力を開発することを経営方針として努力を重ねております。

業務紹介

金属熱処理 ■ 金属熱処理
金属熱処理とは、金属を加熱・冷却して用途に適した強さ(強度)、硬さ(硬度)、粘り強さ(靭性)を得る技術であり、我が国では日本刀の製作にみられるように古くからの歴史を持つ技術です。熱処理の対象となる金属としては鉄系金属が一般的ですが、非鉄金属の熱処理も盛んに行われています。
 

金属表面処理 ■ 金属表面処理
金属表面処理とは、金属素材表面の性質を高めるために行われるものであり、硬さ、潤滑性、耐食性等を向上させるのが主な目的です。当社では、ガス軟窒化、 SUS窒化、イオンプレーティング、独自開発のMX処理、MX-IP処理等を用い、金型寿命の向上、各種摺動部品の耐磨耗性向上、装飾部品への着色など、使用目的に応じた柔軟な対応が可能です。
 

機械加工 ■ 機械加工
高付加価値少量生産品の加工からサブアッセンブリーをはじめ、試作品及び冶工具等の単品製作、トルクドライバーをはじめとした計測機器等の部品加工から組立て、完成品までの一貫生産、その他、歯切加工、プレス加工等を熱処理から仕上げまで行っております。
 

製品紹介

機械加工品 TiCNコーティング 低温TiNコーティング TiC処理
機械加工品 TiCNコーティング 低温TiNコーティング TiC処理
これらの膜を金型・工具等にコーティングをすることにより、耐磨耗性・耐溶着性・離型性の向上が得られ、生産性・品質保持向上・コスト低減に大きく貢献します。
また、色調をコントロールできるのも特徴で、各種工業製品のほか時計、食品等の装飾品にも最適です。

会社情報

会社名 株式会社丸眞製作所 株式会社丸眞製作所
所在地 〒394-0000  岡谷市10016番地471 エコ・ファクトリーパーク湯殿山-1
代表者名 代表取締役社長 高木文人
創業 昭和24年10月
資本金 3,000万円
従業員数 80名(男60名・女20名)
売上高 15億9,000万円
事業内容 熱処理加工(真空熱処理・軟窒化処理・イオンプレーティング・浸炭焼入・焼鈍・ろう付)
機械加工

より大きな地図で 丸眞製作所 を表示
事業所 本社
辰野工場
関連会社 糾ロ眞ばね製作所 糾ロ眞熱処理工業 MARUSHIN ASIA SDN.BHD.(マレーシア)
主要取引先 鞄本パーツ製作所
椛蝌a製作所
シナノケンシ
日立ビアメカニクス
   
   
   
ページトップへ